Raspberry Piの基本的な情報

Last Update:2016/12/22

公式サイトとOSのダウンロード

Raspberry Pi財団公式

Rasbian はRaspberry Pi財団が公式にサポートしているOS。DebianベースのOSで、ライブラリやパッケージもそれなりに 自分がほしいと思えるものは大抵揃っているようなので、安心して使える。

他にも公式で色々とOSが紹介されており、SDに直接書き込むだけなので色々気軽に試せる。

OSインストールについて

SDカードへOSのimgファイルを直接書き込むことになる。 SDカードへ書き込む際は、Mac/Linuxならddコマンドで書き込み可能だが、Windowsの場合はソフトが必要になる。

DD for Windows

SDカードのフォーマットは、WindowsならSD Formatterが良い。 SDカードの規格団体が公式サイトで出しているものなので安心感がある。

SD Formatter

Rasbianでの最初の作業の流れ

  1. SDをフォーマットする
  2. OSをDDで書き込む
  3. HDMIモニタ、キーボード、(必要なら)マウスを接続する
  4. raspi-configコマンドを実行し、Expand File Systemを実行する
  5. wifiのSSID,Passwordの設定、ネットワーク接続する
  6. apt-get update, apt-get upgradeしてOS全体を最新にアップデートする

サーバなどとして固定IPやで運用する場合は、

  1. 固定IP、DNS設定する